スタッフブログ

2016.11.28

洗面台・分電盤のお困りごとから、交換(修理)なども行っております

 いつもお世話になっております。今日は依頼が増えているリフォーム事例をご紹介します。

今回の洗面台は、シャワー水栓が水漏れするとのご相談から、その補修部品をお調べしたところ20年以上経過しているため

メーカーでは、代替え部品の供給との提案がありましたが、同程度新しい洗面台の金額の半分近い部品代になるとのことで、

年数もたっているので、このさい新しい洗面台に交換することになりました。

写真1:見た目は綺麗にお使いですが既存洗面台

写真2:新しく交換後の洗面台(LIXILオフト70Cmタイプ)

いかがでしょうか?新しい洗面台は、キレイですし気分が良いものです!(^^)v

----------------------------------------------------------------

 そしてこちらは、日頃あまり触ることが無いと思いますが、ブレーカーが入っている分電盤の点検ご相談です。

こちらの事例は、中央部下にある漏電ブレーカーが勝手に落ちることがある、との事で漏電検査にお伺いしました。

お調べしたところ、すべての回路で漏電状態は確認できない状況でした。つまり漏電はしていないと言うことです。

ではなぜ?漏電ブレーカーが落ちるとの疑問ですが、それは漏電ブレーカーの老朽化で誤作動が考えられます。

漏電ブレーカーは、専門的ですが、絶縁抵抗値が対地電圧200Vなら0.2MΩ以下になると遮断する構造です。

常に使用中は監視している役目で、結構精密なのですが、ホコリや湿気(脱衣場設置が多い)等で劣化もあります。

そこでこちらも20年以上経過していますので、安全のため分電盤を新しく交換することになりました。

写真3:脱衣場に設置されている既存分電盤。左側が浴室のドア

写真4:新しく薄型で、普段は前面のフタが閉まるスッキリした分電盤。

今回は、老朽化した漏電ブレーカーを含め新しい分電盤に交換しましたが、漏電ブレーカーそのものが無い住宅の方は

第一に、漏電火災を未然に防ぐためにも、分電盤の交換をおすすめいたします!(現在新築は義務化しております)

この度は、ご用命いただきありがとうございました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«11月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

カテゴリーリスト

    フィード

    サイト内検索

    Copyright (C) 2012-2017 wakuidenki.jp All Rights Reserved.