スタッフブログ

2014年03月

2014.03.31

2F~1Fエアコン室内・外機設置、それぞれ2台工事

 いつもお世話になっております。

今日のエアコン工事は、2F1Fそれぞれに室内機を設置し、階違いにそれぞれに室外機を設置したエアコン工事です!

写真1:2F室内機の準備、取付板固定~穴あけ(スリーブ挿入)~操作信号線接続・・・

写真2:室外機の置き場所を、玄関脇に提案しました。オプションですが架台とコンクリートブロック使用。

写真3:2段ハシゴで配管を接続して、電線とドレンホースを一緒に巻き込む準備して、化粧テープを巻きます。

写真4:化粧テープ仕上げが終わったら、ドレン水の勾配を計算して出来るだけ歪みがないように配管を固定。

写真5:とにかく仕上がりを考えながら、配管を調整して1Fまで固定していきます。

写真6:室外機を接続して、真空引きをして点検よーし!

写真7:2F室内機の試運転をして完了です。

写真8:こちらは、1Fの室内機左配管で取付中。(既存は左側の壁にあり、風が障害物に当たる為、右へ取付)

写真9:こちらの室外機は2Fのベランダへ。(右ガレージ屋根に板を引いて足場を作り配管しました)

写真10:1Fの室内機。取付完了後の写真。3月発売ステンレスクリーンPAM白くまくん日立RAS-SV22Dです。

また、電力計(メーターBOX)の交換作業と、アクオス40型テレビも同時に設置しました!(^^)

写真11:電力計BOX交換後。

この度も、ご用命頂きありがとうございました。

2014.03.25

カバーが外れない浴室照明器具をLED器具に交換から・・・

 いつもお世話になっております。

今日は、浴室用照明器具のランプ交換が出来ない(カバーが外れない)ので、LED照明器具に交換してほしいとの依頼です。

写真1:確かに既存の照明器具は、いびつに強く締め付けてしまったようで、いくら回してもカバーが外れないようでした。

たまにある事例ですが、壊さないように外すには、継ぎ目にカッターを入れたり、潤滑剤を入れたりする場合もあります。

今まで、カバーを無事外す成功率は90%(^^;)以上だと思います。(壊れるリスクをご納得頂いた上で作業をしています)

写真2:今回は交換ですので、既存器具プラスチック製本体下部に、ドライバーを入れてこじって取りました。

そして配線処理及び固定ネジを取り、既存本体を外した後、タイルについた器具跡をクリームクレンザーで掃除。(^^)

写真3:少し小ぶりですが省電力で明るさは同等の、防滴防雨型LED照明器具を取付。(発光部分が小さいですね)

写真4:新しく防滴防雨型LED照明器具の取付完了。(グローブの反射により、全体的な明るさに)

また、別部屋も数か所LED照明器具にお取替えさせて頂きました!(^^)

そして最後に質問が!!

今まで脱衣場のドアが閉まらないままでご使用されていたとの事で、直してくれる所を紹介して欲しいと!

まだまだ新しい脱衣所に入るドアですが、見てみると確かに傾いて閉まらない状態でした・・・

ついでですからちょっとうちで見てみますと、3か所ある蝶つがいの固定・調整ネジを見ると一番上が手前にきている?

これでは傾いてしまい、ドアが閉まらないのも当然な状態なので、3か所とも水平に調整してバッチリ閉まるようにしました!

お客様から、今回の工事で脱衣所のドアが一番有り難かったと!(笑)感想を頂きお役に立てて良かったと思いました。

この度は、ご用命頂きありがとうございました。

2014.03.23

電気が通じなくなった、コンセントの修理

 いつもお世話になっております。

今日の第2弾、分譲公団住宅のお客様より、電気が通じなくなったコンセントの修理を依頼されました!

通称小判型のかなり年数が経っていますので、差し込み口のトラッキング現象(接触不良により発熱発火の可能性)

もあり、点検後新しいコンセントに交換することになりました(当店は2種電気工事士及び安全点検技術者の店です)

写真1:既存の現状、小判型コンセントにスイッチとアース付。

分解作業にかかります。

やっぱり?と思いましたが、ちょっと危険な状態でした!・・・

写真2:ねじ止め式端子が発熱により“溶けてケーブル”が外れていました!

そして、現在使用していないスイッチを潰すため短絡しないように配線処理をして接続し直し。

写真3:新しいコンセントとアース端子を、ケーブルの被覆を剥き直してから接続。(そのままつなぐと接触不良の原因)

写真4:組み込みし直して完了。

最後に、漏電が心配との事で漏電検査を実施しました!

写真5:やはり、一つのブレーカーが若干怪しい数値を示している範囲がありました!

結局、現在漏電ブレーカーも無く、ブレーカーそのものも古いので、後日分電盤交換のお約束をしました。

この度は、ご依頼頂きありがとうございました。

2014.03.23

ネズミによる故障被害で、ひと手間加えたエアコン交換工事

 いつもお世話になっております。

今日は、ネズミによる故障被害(壁内部より侵入し室内機裏側の配線をかじり切断)対策したエアコン工事です。

以前より、天井裏でコトコト音が気になっていたお客様より、エアコンが付かなくなったと修理依頼がありました!

きっとネズミの仕業だろうとお聞きしましたので、点検したところエアコン室内機裏側配管貫通穴よりネズミが

侵入して、操作基盤の細い配線をかじって切断していました。

当初は修理をお考でしたが、この際省エネタイプでフィルターお掃除自動のエアコンにお買い替えしたいとのお話で

当店で交換させて頂くことになりました。

写真1:ネズミ被害でゴミが落ちないように養生した上で、室内機を撤去後の貫通穴の状態(光ケーブルも一緒)。

以前は、既存室内外で穴が段違いのため、貫通スリーブが入っていませんでした。

今後ネズミ対策の事もあり、強度を上げる為“貫通スリーブをステンレスシート加工”して入れる事にしました!

写真2:貫通スリーブは光ケーブルを通す為割いて、かじり防止のステンレス板をスリーブ外側へ巻く準備。

写真3:光ケーブルを通した後、ステンレスシートを直径に合わせ巻き付け固定し、挿入していきます。

写真4:“貫通スリーブをステンレスシートで加工”で穴埋めもバッチリ納まりました。

写真5:そして、新しいSHARP AC-283FX室内機を取付た様子。

その後、配管取付作業・電動真空ポンプによる真空引き作業・化粧テープ仕上げ・外壁穴のコーキング&パテ処理

して、養生撤去片づけ後、お客様へ試運転~リモコンと自動お掃除ダストBOXのご説明で完了。

この度は、ご用命頂きありがとうございました。

2014.03.22

天吊り型業務用エアコンのクリーニング作業

 

 今日は、貸し事務所のオーナー様より依頼がありました、天吊り型業務用エアコンのクリーニング作業を行いました。

現在リフォーム中で、すでに天井は塗装仕上げが終わっていましたので、エアコンの外装汚れが目立っていました。

写真1:作業前の天吊り型業務用エアコン。

写真2:パネル関係、ドレンパン、ファンモーター、配線等、洗浄可能な状態に分解しているところ。

写真3:取り外した部品関係。結構洗浄し甲斐がありそうですね。(^^;

外した部品は、手分けして洗浄作業に入りながら・・・(モーター部分は今回養生を2重にして、ファンのみ洗浄)

本体は、掃除機でホコリを吸引後、高圧洗浄する部分にビニール養生をします。(この作業は入念に!)

その後、業務用エアコンクリーニング専用洗浄剤をまんべんなく吹付!・・・

写真4:汚れが浮いて来たら、高圧洗浄機で流れる落ちる汚れや洗剤成分がなくなるまで水で洗浄。

(新型高圧洗浄機を導入しました!リズム放水機能付で落ちが早い)

洗浄終了後、送風だけの強力ブロワ―にて(ドライヤー型)、水分などを飛ばしてウエスで拭きあげして、組み立て作業に入ります。

写真5:シロッコファンもきれいになりました。

そして、最終チェックと試運転テストをします。

写真6:業務用エアコンのクリーニング作業が完了しました。

なお、こちらのオーナー様にはいつもおまかせ頂き、立会なしで作業致しましたので・・・

この作業内容は、本ブログにてご報告させて頂きます。(^^)

2014.03.09

日立きになるフェアへのご来場ありがとうございました。

 3月7日8日は、大山グリーンホールにて板橋区内販売店で共催しました

“日立きになるフェア”へご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

また、ご購入いただきましたお客様、ただ今納品・工事のご準備をさせて頂いております。

現在、一部の白物商品(洗濯機・冷蔵庫・エアコン)が大変人気で、入荷待ちの状況が続いております。

出来るだけご迷惑をおかけしないように、予定を立てさせていただきます。

宜しくお願いいたします。

ここで、最近納品させていただきました人気の白物商品を一部ご紹介いたします!・・・

人気の自動お掃除機能付きドラム式洗濯乾燥機

人気の光沢ドア真空チルド搭載プレミアム冷蔵庫

人気の超省エネツインくらしカメラ搭載のエアコン

そしてLED照明器具・・・

まだ今月中に間に合う商品もございます。ぜひご相談下さいませ。

カレンダー

«3月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

カテゴリーリスト

    フィード

    サイト内検索

    Copyright (C) 2012-2017 wakuidenki.jp All Rights Reserved.